masumi's website

ヒーラー・スピリチュアル講師・物書きmasumiのサイト

心のエッセイ

本気にならなければ、自ら望まなければ、

私たちが自分の意識を分裂させている間、理解してないことがある。 それは、人生の運転席に座っているのは結局自分だということだ。分裂した自分か?統合した自分か?ただ状態の違いがあるだけだ。 分裂した自分は、自分を騙す遊びをする。自分がやったのに…

内なる次元がリアル・見えない世界を見ること

あなたの見るところ、こっち、こっち、という感じで顔の両サイドを手でやさしく押さえられ、ぐるっと視界を向け直されたその方向は内。そうそう、目線は自分の内に向けなきゃねって、内なるガイドに促されたようだ。 えー、私いつもそうしてるよー、なんて言…

根底の信頼

根底にある信頼というのは、たぶん地球体験で人間をしている多くの存在が人生の途中まで見失っていて、やがて「自分とはどういう存在なのか」という普遍の真実に気づいていくにつれ、取り戻される。 私の場合は根底の信頼を真の意味で忘れたことは一度もなか…

誰か代わりにやってくれないかなあ!?(って冗談)

心の中にある、できればスルーしたかった諸々のこと、いや知ってるよと言いたくなるような内的あれこれの取り扱い方針を変えました。 冷やし中華はじめましたみたいなノリで、心の中の扱いの話してますが大丈夫ですか。 最近までの近年の私の方針は、自分の…

違う意味での我の強さ【真の我としてのパワー】

近頃の私のライブ配信の中で「自分軸」という比較的現代風の言葉を用いて強調したことと共通だが、私たちは一般に考えられている「エゴ的な」我の強さとは異なる意味での「自己のパワー」に目覚める必要がある。 それをこの記事では「違う意味での我の強さ」…

もうええわ!ありがとうございましたー!の極意

スピリチュアルとか精神世界、意識の使い方の話で、自分自身のパターンから抜けるとか、変えたい状態を変えるとかについて、自分では「心からそうしたいのに……」と思いつつもそうならない「難しさ」を感じることがありますよね。 それはまだ自分の心に「分裂…

自分の真ん中ポジションと澄んだ視点

今年に入って、2月の末にライブ配信で「学び直し」という表現を使ってから、最近それが(少なくともそのとき意図してた学び直しという意味が)終わったのを実感した。 もちろんこれからも新しく学ぶことは続いていくけど、今や「すでに吸収した内容の、過度…

シンクロの連続に耐えられますか!?

ほんとに知らなかったんだ、知らずに話題にしてたんだ。 一週間前の記事※で、雰囲気モノマネについて急に語りたくなり、私の好きな「ザ・細かすぎて伝わらないモノマネ」という番組に言及したことは……普段は年一回程度しかやらないその番組が、ま、まさか「…

夢の理解の基盤の見直し【心の裁判官はいないこと】

あなたの中に「裁判官」は、いますか?善悪のジャッジ、自分が正しいかどうかのジャッジをする存在。既存の宗教でも「最後の審判」なんて概念があったりして、いつだって自分が何かに裁かれてるような気持ちから私たちはなかなか逃れられないですねぇ。 日常…

生き直し!

私たちは自分の見たいものしか、見ていない。 本当なんですよ。自分がそのことに気づいたとき「こ、こんなことが、可能なのか……!」って度肝を抜かれるんです。自分自身のことながら。 逆に言うと、これって、すごい能力ですよね。それだけ自分の「フォーカ…

自分と完全に調和する方法は

自分と完全に調和する方法は、どんなに今、自分が理想と思う状態と違ってても、嫌いな自分、変えたい自分も、至らないと思うところ、欠点に感じるところ、落ちこぼれの感覚、消したい過去、手放せてない観念や感情、残留してる思い、「こんな人生じゃなけれ…

マインドのクリーニング

私、ニュースやメディアの情報なども関心あるものは見るのですが。スピリチュアル思考のためにそれらをことさら断つ、なんてことはしてないのですが。 一通りそういうものを自由に見ても、必ず思い出してることがある。というか日常のどんなシーンでも我に返…

照れってなんだろう、と考えてみる

あまり有害だとは考えられてないが、自分の人生の中で「照れ」ってなんだろうと見つめてみると、これは実は「回避」にほかならないのではないか……と思う。 照れはかわいらしい、好ましい、ちょっとスパイスになる楽しさがある。そう捉えれば決してそれが「恐…

そうなっちゃいます!?がうれしい人生

「あ、そうなっちゃいます!?」という意外性が好きだ。 このフレーズそのものは、振り返るとかなり昔のことになるのだが、私が当時けっこう好んでいたお笑いコンビ「ハイキングウォーキング」さんが、ネタの中でよく「そうなっちゃいます?」と言っていた。…